サノレックスを飲む前に確認しておくポイント

サノレックスを飲む前の注意点

サノレックス(成分名マジンドール)は2017年現在では国内承認されているただ一つの食欲抑制剤です。食事療法や運動療法が効果薄である高度肥満症にのみ適応しています。

 

副作用が多いこともありますが、注意点を無視して飲んでしまってはなおさら危険です。しっかり効果を得て、なおかつ副作用をなるべく出ないようにさせるためには注意点をあらかじめ知っておくことが何よりも大切です。

 

サノレックスの作用機序

脳には満腹中枢という器官があります。ここが刺激されれば脳は満腹感を感じるわけです。

 

脳内にある神経伝達物質がこの器官を刺激する役目を持っているわけですが、この神経伝達物質は一定サイクルで細胞内に取り込まれてしまうのですが、サノレックスはこの再取り込みを阻害します。

 

取り込まれる量が少なくなると、結果的に脳内の神経伝達物質が増える事になります。

 

サノレックスは脳内神経伝達物質を間接的に増やすことで満腹中枢を刺激して、満腹感を作り出しやすくして食欲を抑えます。

 

サノレックス服用時の注意点

サノレックスを服用した時にどのようにして食欲が抑制されるかは簡単ですがつかめたと思います。

 

ですが、サノレックスはいくつかの注意点があります。どんな状態でも気にせずに使ってしまっていいような薬ではありません。

 

こんな人は使ってはならない、使う時は気を付ける等の注意点が複数存在しますから、その点について説明していきます。

 

服用が禁じられている場合

 

緑内障の患者

緑内障は眼圧が上がることにより、視野の一部が欠けてしまうなどの症状が出る病気です。サノレックスには眼圧上昇効果があるため、症状を進めてしまう可能性があります。服用はしないようにしましょう。

 

心臓に重い障害のある患者

サノレックスは時々ではありますが胸の痛みなどの副作用があります。元々心臓に負担をかけやすい薬品なのです。

 

健康であればそれほど気にする必要はないです。しかし、心臓に重い障害を持っているのであれば、少しの負担も危険です。服用はしないようにしましょう。

 

すい臓に重い障害のある患者

すい臓はインスリンを分泌する器官で、ここが弱ってくると糖尿病などの症状が出てくることになります。サノレックスはインスリンの分泌力を押さえてしまい症状が大きくなってしまう可能性がありますので使用は禁止されています。

 

肝臓・腎臓に重い障害のある患者

肝臓は薬物を分解して体の外に出す準備、腎臓は尿をつくって体外に排出するという重要な役目を持っています。これらの器官が弱っていると薬が体内に長く残留するため副作用リスクが高まります。服用はやめましょう。

 

重症高血圧の患者

体内で発生するドーパミンなどには血圧を上げる効果を持っていますが、サノレックスはその昇圧作用を増強してしまう恐れがあります。もともと高血圧であればとても危険なので服用は禁止です。

 

脳血管障害の患者

同じ理由で血圧が上がってしまう可能性があります。脳血管障害の患者には血圧上昇は命とりですから、服用はやめましょう。

 

不安・抑うつ・異常興奮状態の患者、統合失調症等の精神障害のある患者

神経伝達物質の増加は満腹中枢だけではなく、様々な脳内での活動のバランスを変えることにつながります。

 

健康な状態であればリスクは小さいですが、既に精神障害を持っている状態では症状の悪化も考えられます。

 

薬物・アルコール乱用歴のある患者

理由は不明ですが、依存症状が発生する可能性が高いという報告が上がっています。

 

MAO阻害剤投与中又は投与中止後2週間以内の患者

MAO阻害剤はドーパミンなどの分解を抑える薬品です。そしてサノレックスにはそのドーパミンなどによる昇圧作用を助ける作用があります。

 

この二つが組み合わさると危険なレベルまで血圧が上がってしまう可能性がありますので、MAO阻害剤投与中止2週間まではサノレックスは服用しないようにしましょう。

 

妊婦・小児


既にラット実験で胎児に対して大きなダメージがあることがわかっています。また、母乳に成分が移行する為授乳期の服用もやめましょう。

 

小さなお子さんに関してもどのくらいの負担があるのかわかりませんので服用は推奨されていません。

 

服用に注意が必要な場合

てんかんの患者

てんかんの原因となるのは過度な興奮や神経への刺激が引き金となっています。脳内の神経伝達物質を増やしてしまうと、神経への刺激が過敏となりてんかんリスクが高まる可能性があります。

 

まずは少ない服用量から開始するといいでしょう。

 

高齢者


高齢者は体の様々な機能が弱まっており、薬を体外に排出する力が弱まっています。その為副作用のリスクは上がってしまうでしょう。最初は薬の量を控えめにするようにします。

 

また、ふらついて転倒した時も怪我をしやすくなりますのでその点も周囲の人が注意しましょう。

 

サノレックスはこんな飲み方はやめた方がいい

サノレックスはこういう飲み方はしない方がいいという注意点があります。

 

長期連用はしない

長期間飲むことによって依存・耐性ができやすくなっています。元々副作用の弱くない薬ですから、痩せたのに「もっと痩せたいから」と言って飲み続けるのはとても危険です。特に三か月以上の長期服用は肺高血圧症が発症しやすいという報告が海外でありました。

 

体の負担も金銭的負担も大きくなってしまいますので、医師の指示をきちんと受けてやめつべき時にはやめましょう。

 

大量服用はしない

たくさん飲めば痩せられるという薬ではないです。指示を無視した服用は副作用のリスクを大きく増してしまいますので、サノレックスは注意点を守り指示通りに飲むことを心掛けましょう。

 

車・機械の運転前には服用しない

サノレックスは副作用として眠気やふらつきがあります。とても危険ですので、車や機械を運転する前には飲まないようにしましょう。

 

サノレックスの副作用・相互作用についての注意点

こんな方はサノレックスを飲むときには注意、こんな服用法は危ない、といった説明をこれまでしてきました。

 

ですが、注意点を順守しても副作用は発生してしまいます。ですから前もってどんな副作用があるのかを把握しておくべきです。サノレックスのみで使って大丈夫だったとしても、他の薬と一緒に使って時に弊害がないのかも掴んでおきたいところです。

 

この2つのポイントについて触れていきます。

 

サノレックスの副作用について

サノレックスは効果がありますが、副作用の可能性も高いです。

 

発生する副作用としては

 

神経過敏、不安、睡眠障害、眠気、ふらつき、吐き気

 

などが出てきます。

 

特に眠気やふらつきは運転中には気をつけましょう。

 

サノレックスの相互作用

 

薬の量は単独で飲んだ時の効果をベースに考えられています。もしも効果が倍になるようならその量で飲むわけにはいかないでしょう。

 

薬ではありませんが、アルコールなどはめまいや眠気などを増幅しますので併用はやめましょう。

 

サノレックスはこういう薬


ダイエットをしている際、辛い事の一つは空腹感を我慢することだと思います。
サノレックスは、厚生労働省から認可をされているダイエット薬です。効用は、「食欲の抑制」と「満腹の刺激」があり、これによって食欲を抑えるとされています。

 

注意点はサノレックスのみを服用すればやせるという訳ではなく、ダイエットのために食事や運動療法を行う際のサポートのために使用されます。臨床実験にて、単にダイエットを行うよりもサノレックスを併用した方が効果が高いという結果も出ています(個人差はあります)。

 

注意点はサノレックスは、1日1錠、昼食前に服用します。食事の1時間前に飲めば、昼食時に効き出します。注意点は医者と相談して服用するタイミングを変更する事もできますが、夕方以降の服用は睡眠障害を引き起こす可能性が高いです。また注意点としてアルコールとも相性が悪く、めまいや眠気などの副作用が発生する可能性が有るため、控えた方が無難です。注意点としてはその他の副作用として、喉の渇きや便秘・吐き気もあり、強弱も様々です。また、注意点ですがサノレックスには依存症があるため、服用期間は最長で3ヶ月とされています。

 

注意点としてサノレックスは値段が高い為、健康保険を適用できれば良いのですが、対象は肥満度が70%以上またはBMIが35以上の高度肥満者のみです。なお、注意点として糖尿病を患っている場合はインスリンや薬の量を変更する必要がありますので、必ず医者と相談します。


http://www.ministryofdezyn.com/ http://www.remotepcsecurity.net/ http://www.silkscarvesoutlet.com/ http://kennelroseridge.com/